セッション層

 Handshake プロトコル
 Alart プロトコル
 Change Cipher Spec プロトコル
 Record プロトコル

セッション層の、証明書のやりとりの際に使われる上記をまとめて、
(SSL/)TLS/DTLS と呼び、プロトコルスタックである。
  *DTLSはTLSの進化形。パケット遅延、帯域幅の問題
 
 
データグラムが断片化(IPフラグメント)した時、
個々をパケットと呼び、データグラムとは呼ばなくなる。
一方で、
TCPでは、その断片をセグメントと呼び、パケットとすら呼ばない。
なぜなら信頼できない断片だから。
 
  
  
★ OpenSSLのサポートするもの

【共通アルゴリズム】
 ・暗号化
 ・鍵交換
 ・鍵生成関数(KDF)
 ・メッセージ認証子(MAC=Massage Authentication Code) 改ざんされてないかの確認

 DES,TripleDES, RC2,RC4, AES, CAST, IDEA
 

【公開鍵アルゴリズム】
 ・署名生成
 ・署名検証
 ・鍵交換
 ・鍵配送

 DH, RSA, DSA, 楕円関数
 
 
【ハッシュ関数】
 ・署名生成
 ・署名検証
 ・署名以外のアプリ
 ・類似乱数生成(RNG)
 ・鍵生成関数(KDF)
 ・メッセージ認証子(MAC)

 MD2,MD4,MD5,MDC2, RIPEMD, HMAC, SHA-1,SHA-256,SHA-512