windowsネットワークサーバ操作等めも

★BIOS関連めも

 スーパーバイザPW F2キー等で

 隠しフォルダやファイルは d$ や $
 
  

★コマンドプロンプト(CMD)関連めも

 net use  接続中のセッション記録
     /d をつけるとリモート分

 route print ルーティング表
  
 netsh winhttp show proxy プロキシの設定確認
 netsh winhttp import proxy source=ie

IEオプションの入力箇所について
  HTTP → getコマンド使ってる
  secure(HTTPS) → connectコマンド使ってる
  FTP → getコマンド使ってる
   ここ空白で設定されてないと、ブラウザはどうしていいかわからないで迷子に。(そして「ページは表示できません」になる)
 
  ※windows updataはhttpsも使うから上記https用の設定も必要
 
 

☆ADFS ・・・ ADを同期させているFS(フェデレーションシステム)
      FSとはシングルサインオンの一種
      ユーザアカウントおよびアプリが
      異なるネットワークや組織に属していても
      ブラウザベースのクライアントから1回のみのプロンプトで
      アクセスを行える
  

☆ファイルシステム
 NTFS 2000~XP  内蔵HDD 圧縮機能、アクセス権設定機能
 FAT32 上記以前 外付けHDD いろいろなOSに対応してるから未だ使われる
  
 
  
☆設置場所
 Windowsアジュールでサーバを立てる ←対→ オンプレミス
  

☆Radius認証
 WindowsサーバをRadius認証サーバとして使用するには、
 NPS(Network Policy Server)を追加インストールする
  (メンバーサーバへ、または直にドメインコントローラへ)
 

 @Radiusクライアント
  各配下サーバ(NAS =Network Access Server)やPC等ネットワークデバイス
 
 @Radiusサーバ ← メインサーバ
  グループに対するアクセル許可ポリシーを作成
   ※グループにまとめてポリシーを割り当てれば、
    あとはグループへのユーザ追加削除をADで行うだけで済む
 
 @AD ← ドメインコントローラ
  ユーザとグループを作成
  
   
  
☆バックアップ
 ISCSI =Internet Small Computer System Interface 通称あいすかじー 
  IPネットワークを利用して、SAN(Storage Area Network)を構築できるプロトコル規格
  Fiber Channel より低価格
 バックアップ保存先のディスクを自分の一部のようにみせる。